ゴルフを一人での始め方と準備は?

★スポンサーリンク★

 ゴルフシーズンが来ますとゴルフ番組が華やかになります。
 プロゴルファーの華麗なるショットには息をのみ込んでしまいますね。
 これでは誰でもがこの楽しそうなスポーツに憧れを感じてしまいます。

 ゴルフを一人で始めるにはゴルフや道具、コース、練習場をまずは知
 らなければできません。
 その為にはどの様に道具を集め、練習方法はどのような方法が有るのか?
 一人で練習をする時の方法を記して参ります。

 練習に行く前にはゴルフのスイング方法をネット画像や教本を見て足、
 手、腕、身体、顔の見る方向、等の動き方を細かい部分まで確認をし練習を
 行います。

★スポンサーリンク★

1.ゴルフを一人での始め方は?

 ゴルフを始めたいが良いゴルフ知人がいない場合や一人で気楽に始めたい
 場合のゴルフ練習方法です。

 1) スクールに入会するか?プロ等の指導者に指導受けるか?

  ① 指導者のカリキュラムの沿った指導が受けられる

     指導者がおりますので指導者に相談し、指示を受けながら
     ゴルフ用具をそろえていきます。

  ② レッスン費用が掛かる

           レッスン料、等の費用が掛かりますが一から教われます。

  ③ 本コースへのプレーデビューがすこぶる早くできる

            本コースへのデビューについて雰囲気、疑問点を聞くことが
            出来、手にとってその場で理解が出来ます。

 2) 練習場等に通い独学で覚える方法

  ① ゴルフコース、デビュー状態を知る?

           まず初めに自身がゴルフコースにデビューする
     場合にどのような方法でプレーをするのかを
     知っておきます。

  ② テレビ、雑誌、ネット等でプレー状態を知る

    テレビや雑誌等でのゴルフ番組を見てゴルフコースの景観や
    コースの形(ティ、フェアウエー、ラフ、バンカー、グリーン)
    とは、どういうものなのか知っておく必要が有ります。

  ③ プレイヤーの服装、ゴルフ道具を知っておく

    プレイヤーの服装、手袋、ゴルフシューズ、ゴルフ道具等
    をネットや雑誌等を見て確認します。

  ④ 練習をする場所は屋内なのか?屋外なのか?

    練習をする場所は屋内練習場なのか?屋外の広い練習場なのか?
    等を確認し、中をのぞかせて頂きイメージづくりを行っておきます。

  ⑤ ゴルフルールやマナー等を知っておきましょう

    ゴルフコースに出るためには“ゴルフルール”が有ります。
    ゴルフはプレーの審判は自身となりますのでゴルフマナーと
    ルールに則ってプレイは行います。
    その為には最新版の簡単なイラスト入りルールブックを購入し
    理解しておきましょう。

  ⑥ コース内でプレイヤーが使うゴルフ道具・クラブ名も覚えます

      ゴルフクラブ一式とボール(一ダース以上)、手
    袋、帽子(頭危険防止)、ティペック、ボールマー
    カー等が必要になります。
    ゴルフクラブはウッドが何本、アイアンが何本、
    それにパターです。

  ⑦ ゴルフ練習場での利用方法

    練習場では受付の係に利用案内をよく聞いて始めます。
    打席が決まりましたら他の練習者の迷惑にはならないように。
    ゴルフクラブは長い棒ですので怪我、事故には気をつけましょう。
    最初は他の練習者がどのように練習しているか?確認しましょう。
    わからない時、疑問点は係の人に聞きます。

  どの様な方法でプレイしているのかを頭に入れ、イメージができましたら、
  いよいよゴルフスイング編に入ります。

2.ゴルフを一人で始め方と準備?

 1)先ずは基本を知る

     ゴルフ練習はゴルフルールブックや、ゴルフ専門雑誌、ネット等で
     概略をつかんでから練習場へ行き練習を始めます。

   まず初めに

  ① ゴルフスイング用の専門書を読みます

     ゴルフは人に教わるにはアマチュアは避け、プロゴルファー等に
     教わります。

     アマチュアの人でしたらばシングルハンディの方が良いでしょう。

     それ以外はプロゴルファーが編集しているDVD等でクラブの持ち方、
     スイング姿勢(構え、スイング、フィニッシュ)他を覚えましょう。

   【参考DVD】 ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム

    谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム  こちらをクリック

プロゴルファーの片山晋呉です。谷将貴コーチと私のタッグの歴史は古いです。

本格ティーチングを受け始めた翌年の2004年から3年連続賞金王獲得、2009年のマスターズ日本人最高位4位、その他、数々の実績を、共に勝ち取ってきました。  ゴルフでは、「複雑さ=リスク」です。

曲げずに飛ばし、安定したゴルフをするためにはシンプルであることが理想です。

シンプルスイングの追求は当然スコアにも直結します。しかし、分かってはいても、実現は簡単ではありません。  多くのプロでさえ、追求しきれずに適当なところに落ち着いて出来上がってしまっている程です。

                         =出典:参考DVD内推薦記事= 

   ★ DVDを購入して、ただビデオスイングだけを見るのではなく
    顔がどの位置を見てスイングしているか?
    各腕の動きと共に確認しましょう。
  ★ 構えた時の姿勢が参考文献とスタイルが同じか?
  ★ 置いてあるボールと足の位置、スタンス幅、腕の角度は?
     等、個々のスイングをよく見て全体フォームを確認し素振りで
     実践します。

  ② ゴルフ練習場を探します

    なるべく近くの練習場が良いでしょう。
    練習場の係員に利用方法を確認します。

  ③ 練習場での練習用ゴルフ道具を揃えます

   〇 ゴルフクラブ・・ゴルフ道具は出来れば始めたては1番ウッド、
     4又は5番ウッド、7番アイアン、PW(ピッチングウエッジ)を
     計4本を用意します。

     クラブ購入が初めての場合は出来れば中古クラブの購入を
     お奨めいたします、ウッドを2本、アイアンを2本です。

     ゴルフショップの店員さんにゴルフクラブを購入する内容を話し、
     見て頂きます。

     身長、体形、等によりゴルフクラブのシャフトの長さやシャフトの
     しなり具合(硬い、普通、柔かい)を確認し購入します。

     中古品を選んだのにはゴルフが分かってきますと買いたい
     クラブメーカーやシャフトの長さやしなり具合が自分に合うかが
     判ってきますのでその時に新品ののセット購入をお奨めいたします。

     コースに出られる前にになりましたらセットクラブを購入、
     練習します。

   〇 ゴルフシューズはやや厚手の靴下を履きますの
     でその足になじむ靴を購入します。

   〇 手袋  手袋は男性は左手用、女性は出来れば
         両手用で、
         男性は滑り止め女性はプラス日焼け止
         め。

  ⓸ ゴルフ道具が揃いましたらクラブを握ってみます

    クラブの握り方はネットで調べて自分に合った方法の握り方で、
    スイングしてみます。、
     クラブの握り方、
      ・ グリップの目印に合わせて握ろう、
        ・ ロゴマーク、
        ・ バックライン、
      ・ 左手のどこでクラブを握るべき?、
        ・ フィンガーグリップ、
        ・ パームグリップ、
        ・ セミフィンガー、
      ・ 右手3つの使い方、
        ・ オーバーラッピング、
        ・ インターロッキング、
        ・ テンフィンガー(ベースボール)、

 2)練習場でのボール打ちの練習

  ① 今迄の見分したことを実践します

    「2.→ゴルフを一人で始めるには?」、「 ②→ゴルフスイング用の
     専門書を購入する」で記したゴルフスイングの方法を確認し
     スイング練習を行います。
     また、参考に「谷将貴プロのDVD」で確認したことも実践します。

  ② 購入した参考文献の内容を再度確認してみます

     ゴルフスイングの構え方(素振り編)。
     ゴルフクラブの握り方(❖ クラブの握り方、
     参照)。
     足の幅、腰から上の頭までの角度は!
     背筋が伸びているか!
     腕の位置とクラブの角度は!
     クラブを振り上げた時の手首、腕の形、クラブ
     ヘッドの位置。
     クラブを振り下ろす時の目の位置、手首の形。
     クラブを振り下ろしながらの腕と腰の形。
     ボールがクラブヘッドに当たった時の頭の位置、スイングの形。
     打ち終わった後の腕の使い方と目の見ている場所!
     スイング時のクラブが左肩の位置まで来た時の
      顔(目)の見ている方向は打つ前のボールの
     位置を見ているか??
     (通常言われていますヘッドアップになっていな
     いか?)

     スイングが左肩の位置に来たらボールが飛んだ方
     向を見る。
     打ち終わったフィニッシュは形よいフォームになっているか?

     一連の動作を簡略に記しましたが見栄えのよいフォームか?

    【参考DVD】 ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム

    谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム  こちらをクリック

  ③ 素振りの練習は人のいないところや空き地、庭等で行います

     素振りですから地面にソールはつけずに空振りのスタイルで‼

  ⓸ 服装は運動しやすい軽服装で行きましょう

     ゴルフシューズは練習場とゴルフコースに出た時以外は履かない
     ようにします(コース内に雑菌他を蒔いてしまい芝生が傷んで
     しまうからです。)

     練習時は足慣らしの為にゴルフシューズで行いましょう。

  ⑤ 練習場での練習

     練習場へは手袋、ゴルフシューズ、クラブ4本を持っていきます。

  ⑥ 練習場の打席について

     事故の無いように周りを見渡し安全を確認してから打席に入ります。

     練習場の打席は各練習場には素振りを見るための姿見鏡が有ります。
     その場所を確保し、今までしてきた空振りスイングをしながら鏡を
     みます。

  ⑦ 素振りのゴルフスイングを姿見鏡で毎回確認しましょう

     ボールを打つ場所にマットが敷いて有り、前寄りにゴムの出べそが
     有ります。
     (この出べそはボールをティアップして打つための“ティ”部分です)

     このティ部分の前に左足(右打ちの方)を合わせます。

     まず初めは1W(ドライバー)を持ち素振りにてスイング確認を
     行います。
     ⇒スイング時の構え方、スタンス幅、クラブを持って構えた身体
     の姿。
     ⇒構えた時の腕の位置、形、腕、手首の角度。
     ⇒クラブを振り上げる時の体の位置、腕、手首の形(肩幅、手元の
     三角形)等、“〇 購入した参考文献の内容を再度確認して
     みます。”を参照に

  ⑧ 素振りが十二分になり身体が温まりましたらボールを打始めます

     まず初めに使うクラブは7番アイアンです(軽く素振りを何回か
     してから~)。
     ボールはマット中心に置きます(周りで練習している人の様子を
     見て確認)。
     ボールと足の幅、前後の位置を確認し、アドレスに入ります。
     難しくも無く、優しくもないクラブですので身体には力を入れ
     ないように。
     クラブを持ってクラブヘッド部分をマット上のボールの後ろに
     合わせます。
     スイング姿勢に入り腰、顔を動かさずクラブをゆっくり
     ティークバックします。
     この時、素振りと同じフォームで顔の位置が動かない様にスイング
     します。

     顔が動くと空振りやチョロ、ダフリが起こり、飛んでも真っ直ぐには
     行きません。
     7番アイアンで徹底的に練習します(練習量の半分は必ずこの
     クラブで⁉)。

     空振り、トップボール、ダフリボールが無く弾道が定まって
     きましたら、PW(ピッチングウエッジ)に替えて練習をします。
     PWは7番アイアンよりフェイス角度が空向きなのでボールは高く
     上がり飛びません。
     当分はこの2本のクラブで猛練習をしましょう。

     アイアンが安定して打てるようになりましたら4or5番ウッドで
     打ってみましょう。
     ボールはアイアンと同じようにマットの上にじかに置いて打ちます。
     打ち方は上記と同じ、シャフトがやや長くなっています。
     ヘッドが丸くなっています。

     1W(ドライバー)の練習は
     クラブの中で最初は一番難しいクラブは1W
     (ドライバー)です。

     ですので早く上達する為には他のクラブがある
     程度、打てるようになってから1Wの練習を
     するように後回しにしております。

     ボールはマットの上のゴムのおへそ(ティアップと言います)の上に
     置きます。
     打つボールが宙に浮いていますので立ち位置に気を付けます。
     右打ちの人はボールの位置が左足内側ほどに置きます。
     ボールがヘッドに当たるときは飛行機が飛び立つような弾道で、
     最下点をヘッドが通りやや上向きの状態でボールを叩く様に
     なります。
     ヘッドアップ(ボールがヘッドに当たってからヘッドが左肩に
     到達(右打ち)するまでゴムの出べそを見ている事)にならない
     ように気をつけます。

     フィニッシュは綺麗な曲線状態で左足に体全体が乗っている
     ような形、右足はツッカエ棒になる形です(右打ちの方)。

  ⑨ 練習場に足げなく通い上達を早めましよう?


     実際、練習場に通って練習をした後、手にまめが何度も出来るほど
     練習をして本コースにデビューすることが出来る人が多いのです。

     それだけ練習をしないとボールがいつも同じ角度で真っ直ぐには
     飛びません。

     何故かと申しますと10本以上のクラブを使い本コースを攻略する
     には他のクラブも同じように使いこなせねばならないからです。

     また、ボールを打つときに使うクラブが何ヤード飛ばせるかを
     自分が知らないと使う意味がないのです。

     例えば、400Y(ヤード)のミドルホールで1W(ドライバー)で
     250Y、飛ばしたとします。

     残りグリーン上のピン迄150Y残りました。次はどのクラブを
     選んで打ちますか?

     4Wですか?5アイアンですか?それとも8アイアン??

     自身の各クラブの飛ぶ距離を知らなければ本コースでプレーは
     できません。

  ⑩ そろそろ、ゴルフコースへ行く準備を始めます

     

     ゴルフクラブを新調して慎重クラブで練習を始めましょう。
     パターも一緒に購入しておきましょう。

      【ゴルフ場に行くための服装は!】
       ゴルフ初ラウンドで迷惑をかけない方法は”   こちらをクリック

  ⑪ 広い練習場で各クラブの飛距離の確認練習をしましょう

     自宅近くに大型練習場が無い場合は郊外の大型練習場で飛距離の
     確認をしましょう。

     まずはフルショット時のPW(ピッチングウエッジ)の飛距離を
     決めます。

     【例1】PWでフルショット100Y(ヤード)の距離を打つ距離と
     決めますと、9番アイアンは110Y、8番アイアンは120Y、
     7番アイアンは130Yと決めます。

     【例②】PWで120Y、9番アイアンで135Yと15Y刻みと考え
     3番アイアンまでの距離調整を行います。

     W(ウッド)も同じ考え方で飛ばす距離を決めます。

     その10Yまたは15Y内にボールが止まっていたならば大きめの
     クラブを使いハーフショット打ちで打ちます。

     コース内ではそのように距離調整を行いながら各ホールの
     スコアを作りながら18ホールを回っていきます。

     まだまだ、覚えることはいっぱい有りますが取りあえずは
     初歩の練習場生から抜け出し早くゴルフ場デビュー致しましょう。

3.ゴルフを一人での始め方と準備は? まとめ


     ゴルフはすればするほど疑問が湧き、
     覚える事がいっぱい有ります。
     ボールはなかなか思ったようには飛んで
     くれません。
     ゴルフが上手になるには練習回数と
     経験です。
     アマチュアでもプロの選手と同じような
     ボールが打てることも有ります。
     その回数を増やすことにより喜びも
     増えてきます。
     だからやめられず一所懸命練習に励める
     のです。
     また、ゴルフクラブ会員になりますと
     クラブ競技にも出られますし、
     多くの友人も出来、楽しくプレーが出来ます。

関連記事!

★スポンサーリンク★
★スポンサーリンク★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★スポンサーリンク★