プレー中のマナー9(スルーザグリーンで・その4)遅延プレー

★スポンサーリンク★

プレー中の大事なマナー、「遅延行為」に触れました。

せっかく来た初めてのゴルフクラブ。

今日一日、プレイヤー皆満足で楽しく終わらせる為の必修マナーの一つです。

最近はキャデイレスのプレーが多くなってきておりますので気をつけなければいけない大事な行為です。

 

ゴルフ場の大敵はプレイヤーのプレー中の遅延ぷれーです。

ゴルフプレーはだいたいハーフ2時間以内で廻るようになっているようです。最近は乗用カートプレーが多くなっていますのでハーフタイムがもっと早く終わっているようですが。

また、その日の来場者数によってはもっと短時間でハーフプレーが出来るのですが。

 

我が物顔のお客様にはもう自分でこの日のコースを借り切ったようなお方が見えるときがあります。

たまたま、その後ろで廻るお客様は各駅停車のスロープレーを強いられざるを得ません。

前の方は何時でも打てる状態なのでとてもイライラしますよね。

 

プレー中のマナーは、自分が打つ飛距離以上(前のプレイヤーに打ったボールが届かない距離まで離れた場所に進んだ時)に前の組が進んでいったときに打つようにします。なお、打つときは慌てずクラブの番テイを確認しスイングに入りましょう。

なお、打ち終わったのならば早足でその場を立ち去りましょう。(持ってきたクラブは忘れずにしましょう)。

★スポンサーリンク★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする