ゴルフ初ラウンドで迷惑をかけない方法は !!

★スポンサーリンク★
★スポンサーリンク★

1.はじめに

  ゴルフ初ラウンドで迷惑をかけない方法は !!、
  ゴルフ練習場に通い、ボールはそれなりに打てるように
  なってきました。

  ゴルフ場デビューを目指していますが、どの様にデビュー
  したらよいのかを思考してみました。

  「ゴルフは紳士淑女のスポーツ」と言われています。

  どのスポーツでもルールという掟というものが有り、ルール
  に沿って行えばよいのですがゴルフに関しても勿論の事、
  その他にマナーというものが強く存在しています。

  それは、ゴルフの歴史や特有のマナー、スコアの自己申告制
  などが理由で、「他の人に嫌な思いをさせない」ことを大切に
  するスポーツとして培ってきたからではないでしょうか。

  名門ゴルフクラブと呼ばれているクラブでは今でも伝統が脈々
  と受け継がれています。

  現在でも一般的なマナーは存在していますがゴルフ場では
  少しずつ崩れてきているように感じられることも有りますが、

  安全で楽しいゴルフを行うためには上記を大切にし、迷惑を
  かけないことを考えてプレーを行いましょう。

2.ゴルフコースへの行くための服装とプレー中での服装

  ゴルフ初ラウンドで迷惑をかけない方法は!!、まずゴルフ場に
  行くための服装から始まります。

  ゴルフ場の運営形態により服装には特に気をつけましょう。

  日本のゴルフ場は「会員制コース」か「パブリックコース」に
  よってクラブハウスに入場する服装には十分気をつけます。

【参考】 プレー中のマナー1・ゴルフ場に着いたら

 1)“会員制ゴルフ場”の場合?

  ゴルフ場の生い立ち、運営方法により異なってきます。

  ①名門会員制ゴルフ場または準ずるゴルフ場

   入場時は、インフォーマルな服装がベストです。

   男性は上着や替上着を着用しましょう。

   女性は派手な服装やテニスルックは避けます。

   コース内プレーでの半ズボンには長い靴下を履きます。

  ②他の会員制ゴルフ場

   ゴルフ場によっては服装にあまりこだわらないゴルフ場
   も有ります。

   他の来場者の迷惑にならない服装で入場します。

 2)パブリックコース

  カジュアルな服装でも良いのですが、出来れば
  ゴルフウエアをお奨めします。

  ジーパンや作業ズボン、Tシャツ、ゴルフスパイクでの
  入場や、サンダル類は避けましょう。

3.プレー当日のクラブハウスへの遅刻は厳禁

 1)スタート時間1時間以上前にクラブハウスに到着

  スタート係や同伴競技者に迷惑をかけないためです。

  クラブハウスに到着したら、フロント受付、更衣室での
  着替え、洗面等を済ませます。

 2)早めに来場し、練習グリーンや練習や練習場で練習を

  プレー準備が出来ましたら練習場で身体ならしに練習をします。

  また、練習グリーンでもパター練習をします。

  時間に余裕がある場合はレストランで時間調整を。

4.クラブハウス内でのマナー

 1)フロント周りでは

  玄関ホールに入ったら帽子は脱ぎ、ハウス内は走らず、
  会話は小声で話しましょう。

 2)貴重品は貴重品ボックスに預けましょう。

  売店等、購入物は伝票サインで行い、フロントで清算します。

 3)洗面所にはタオル等洗面に必要な洗面品について

  洗面所、浴室にはフェイスタオル、タオル、バスタオル等、
  また洗面用化粧品が設置しているゴルフ場も有ります。

  使用した物品は必ず元の位置に戻します。

 4)ロッカー室の利用方法

  カードフォルダ―についているロッカーキーを使い利用
  します。

  椅子の上ににシューズを乗せて履き替えをしないように
  しましょう。

  自身のゴミ等は持ち帰ります。

5.プレーにはキャディ付きコースとセルフコースが有ります

  ゴルフ場には“キャディ付きのコース”と“キャディ無しのコース”
  が有ります。

  ◎全組がキャディ付き◎全組がキャディ無し◎キャディ
  有無選択制となっている場合が有ります。

  初ラウンドゴルファーにはいろいろ聞くことが出来ます
  ので“◎キャディ付き”のコースが良いでしょう。

6.ゴルフプレー中のマナーは?

  大声で話さず、話す場合は小声で手短に話をします。

  ショットしようとしているプレイヤーの前に出るのは危険
  ですのでやめましょう。

  9ホール中に茶飲み売店は有りますが、用便等は済ま
  せてからスタートします。

 1)スタートホール、ティグランド廻りで気をつける事

  ・スタート時間10分程前にはスタートホールの
   ティグランド前に集合します。

 ・前の組がスイング動作に入っている時は身動きや
  会話、音を立てないように心がけます。

 ・前の組がスタートする迄はティグランドの上に乗るのは
  止めましょう。

 ・ティグランド周りでは危険防止等、素振りや練習は
  しません。

 ・自分がティショットする前の素振りは1回にしましょう。

  ティショット時のティアップは左右ティマークの線上、
  後方にティアップしましょう。

  白ティ・・・男性    赤ティ・・・女性

2)スタート後の所作

  コース内での素振りではターフ(芝生)は取らない。

  コース内の芝生は自然のままにしておきたいものです、
  むやみやたらな素振りで芝を傷めることは止めます。

3)第2打目以降の所作

 ・ボールはポケットに3個以上入れておきます(打直し用)。

 ・自身が打ったボールの落下地点まで安全を確保し早く
  歩きましょう。

 ・スイングショットはゆっくり、歩く動作は早め、前組に遅れ
  ないように心掛けます。

  現在のゴルフ場は乗用カートが多い為キャディバッグは
  カート道上を走ります。

 ・第2打目以降は残り距離を確認、クラブは3本持って
  ボール位置に向かいます(クラブの持ち帰りを忘れぬよう
  最初のうちは3本と決めておきましょう)。

 ・他のプレイヤーの邪魔にならないように自身のボールの
  位置まで早足で行きます。

 ・ショットは前組にボールが届かない距離を確認して打ちます。

 ・ショットし終えたら必ず持ってきたクラブ3本を抱えカートに
  乗るか、早足で進みます。

 ・バンカーショット時はバンカーレーキも持ってきてボールが
  止まっている位置に近い低い所からバンカーに入り、
  ボールを打ちます。

 ・打ち終りましたらバンカーレーキでボール跡、足跡を
  平らにならし外に出ます。

4)グリーン上での所作

 ・グリーン上ではゴルフシューズを引きずらず、芝保護に
  気をつけてながらプレーをします。

 ・グリーン上では走るのは止めましょう。

 ・自身のボールとピンとの間にゴミ、ボール跡がある場合は
  修復できます。

 ・同伴競技者がプレーを行う時はそのプレイヤーの正面か
  背面で待ちます。

 ・太陽の関係で、自分の影がプレイヤーの動線に映らない
  位置で待ちます。

 ・また、プレー中は音を立てないように、動かないように
  して立ち止まっています。

 ・打順はカップに遠い人から打ちますのでグリーンに乗る
  ときに皆のボール位置を確認しておきます。

 ・自身のプレーが終わりましたらグリーン外で静かに
  待ちます。

5)ゴルフプレー終了後は

 ・カート内の自身のゴルフバッグに持ってきたクラブ、
  ボール他が揃っているか確認をします。

  ゴルフスパイクを綺麗に掃除してクラブハウスに
  入りましょう。

  洗面後お風呂へ、またはロッカー室で着替え食堂へ、
  またはフロントでの清算です。

7.ゴルフ初ラウンドで迷惑をかけない方法は!!・まとめ

  初ラウンドは出来れば友人や家族と気心が知れている
  人と行うのがベターです。

  初ラウンドは練習場とは違いティグランドを始め
  フェアウエー、ラフ、バンカーや池、グリーンなどが
  有ります。

  練習場では普段練習出来ないクラブをも使います。

  またゴルフルールにそって行いますので、アドバイスや
  配慮を気軽にして頂ける同伴者が必要だからです。

  今迄の練習場とは違い、山あり谷あり、樹木や池、
  バンカーと、曲がれば打ち直し、打つクラブも変え
  なければなりません。

  ゴルフ初ラウンドで迷惑をかけない方法は!!これ以外
  には有りません。

  初ラウンドゴルフは誰でもが鮮明に覚えているスポーツです。

  楽しかった事や迷惑をかけた事も含め、これほど鮮明に
  覚えているスポーツは他にはなかなか見当たらない
  のではないでしょうか。

  ゴルフは老若男女、誰とでも一緒に楽しめるスポーツです。

  ぜひ、ゴルフを末永く楽しんでいただきたく存じます。

  この紙上ゴルフが参考になれば幸いです。

関連記事!

★スポンサーリンク★
★スポンサーリンク★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★スポンサーリンク★