小平智選手、日本人5人目・米ツアーで優勝

★スポンサーリンク★



米男子ゴルフツアーのRBCヘリテージは4月15日、米サウスカロライナ州ヒルトンヘッドアイランドのハーバータウン・リンクス(パー71)で最終ラウンドが行われ、小平智選手(28)が逆転で米ツアー初優勝を飾った。

 

6打差の12位から出た小平は7バーディー、2ボギーの66とスコアを伸ばし、通算12アンダーで並んだキム・シウとのプレーオフとなった。

小平はプレーオフ3ホール目となった17番パー3のホールにて7.5メートルのバーディーパットを決めた。

優勝が決まった瞬間小平は右手を力強く握りしめた。

参戦わずか15試合目にして、憧れの米ツアーでの優勝を果たした。

 

小平選手は昨年3月に女子ゴルフツアー08年賞金女王の古閑美保さんと結婚している。

 

日本男子選手の米ツアー初優勝

   1983年 青木 功(40)   ハワイアン・オープン

   2001年 丸山茂樹(31)   ミルウオーキー・オープン

   2008年 今田竜二(31)   AT&Tクラシック

   2014年 松山英樹(22)   メモリアル・トーナメント

   2018年 小平 智(28)   RBCヘリテージ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。