ゴルファーはマナー&ルールには忠実に、貴方の品格は⁉

★スポンサーリンク★
ゴルファーはマナー&ルールには忠実に、貴方の品格は⁉
ゴルファーはマナー&ルールには忠実に、貴方の品格は⁉

人間、毎日行動していますといろいろな場面に遭遇します。

ゴルフプレーに於いてもマナー&ルールが厳格に言われておりますが、
ゴルフコースに行くのにゴルフシューズを履いてクラブハウスへ?

また、プレー中にたばこを吸いポイ捨てされていることもあります。

同伴プレイヤーが見てないと思いOBボールを動かして、打っている。

重要な場面、その時の自分の行動、どのようになさっていますか??

当然ですがいつも品格を持った人間として行動したいモノです。

ゴルフには「品格」を持ったプレイヤーで!
ゴルフには「品格」を持ったプレイヤーで!
★スポンサーリンク★

1.ゴルフには「品格」を持ったプレイヤーで!

 「品格」を広辞苑で調べますと
 【品格】(ひんかく)
  ① 物のよしあしの程度。しながら。
  ② 品位。気品。「―のある女性」。
  と書かれてあります。

  広辞苑の説明に書かれている、品位と気品を更に調べてみましたら!
    【品位】(ひんい)   人に自然にそなわっている人格的価値。
    【気品】(きひん)   どことなく感じられる上品さ。けだかい品位。
               「―のある物腰」
 と書かれてあります。

 マナーにおいても、集合時間に遅れる事。もうマナー以前の問題ですが
 交通事情も有りますが早めに到着し練習場やパター練習場で練習をしたり
 コーヒーでも飲んで時間を調整することが大事です。

 ゴルフに於いてこの品格マナーを疑われるぐらいならまだましもですが
 人格を疑われたらもう取り返しがつきません。

 大事な友人を失ったり、商売が出来なくなってしまうこともあります。

 話が長くなりましたが、それでは本日の記事です。

2.2017年米女子ゴルフ(LPGA)第1戦3日目の出来事

 米カリフォルニア州で今季メジャー初戦、「ANAインスピレーション」
 はミッションヒルズCC(パー72)で行なわれました。

 最終ラウンド12番と13番のホール間のプレー途中で、T選手に
 4罰打が与えられました。

 それは前日の第3ラウンド17番グリーン上でT選手が取った行動です。

 ボールをマークして拾い上げた後、元とは違う場所へ戻しプレーした
 として、

  ⇒①誤った位置からのプレーで2打罰、
  ⇒②過少申告で2打罰、
    計4罰打が科されたのです。

 これは最終日になってテレビ視聴者からEメールによる指摘があり、
 米女子プロゴルフ協会(LPGA)が確認した後、最終ラウンドをプレー
 中であったT選手に12番と13番のホール間で伝えられました。

 ちなみに、この大会は、Y選手(韓国)が14アンダーで並んだ
 T選手(米)とのプレーオフを制しての優勝でした。

 前日の4罰打が無ければ、優勝かも!!でした。

3.ゴルフは自分がプレイヤーで有り、自分が審判官!!

1)自打球ボールのプレスやリプレイスの位置は正しい方法で

 なぜ、T選手が元の位置に置かずこの様な動作をしたのか、
 どうしたのでしょう??T選手に何か魔が差したのでしょうか。

 ましてや、一番行ってはいけないルール上の違反、”誤所からのプレー”
 それも、お手本とならなければいけないプロの選手!!です。

 よく分かりませんがプレーをする人は絶対してはいけない動作、
 行動ではないでしょうか。

 まして、ギャラリーが見ている中での動作ですよね?

2)ティショット時のティマーク上へのティアップ

 この場合、“出べそ”も同伴プレイヤーに疑わられますね!。

 ティマークラインより10㎝以上は後ろにティアップしましょう。

3)同伴している競技者がボールを打とうとしているとき

 他の競技者またはキャデイさんとの会話はやめましょう。

 同伴プレイヤーがボールを打つ時は、自身もそこに静止し動くのを止めましょう。

 スイングの妨げになる場所は避けて、プレイヤーの正面か背面で待ち動くのは
 止めます。

4)バンカー内でのクラブソールを土に付けての素振り

 バンカー内でのクラブソールが土についたら一罰打の
 ペナルティ、紛らわしい行動はしないほうが良いのです。

5)グリーン上をゴルフシューズで引きずって歩く

グリーン上をゴルフシューズで引きずって歩く
グリーン上をゴルフシューズで引きずって歩く

  

 グリーン上は足を引きずりながら歩くのは止めましょう。

 同伴競技者のライン上を歩いてしまう、これは厳罰です。

 マナーとルールが入り混じっていますが同伴プレイヤーに
 迷惑になる仕草は行わないようにします。

4.ゴルフコンペでのスコアカード提出に気をつけること

1)プライベートなゴルフコンペでは自分のスコアは自分で

 スコアカードに記入し、同伴競技者の中の一人が同伴者皆の
 スコアを代表して事務局に提出することがあります。

 この様な場合は必ず自分のスコアと提出するスコアカードに
 記されているスコアの確認を行うことを怠ってはいけません。

2)クラブ競技やプロの大会では同伴競技者がアテスト

 大会等では同伴競技者がアテストを致して提出となりますが
 これも勘違いして提出しないよう自身のスコアカードでの確認が
 必要です。

 プレー中では少ない数字や多い数字を申告しても、同伴競技者は
 貴方のスコアを何となく数えているものです。(誤申告は誰かが
 見ているものです?)

 先程のT選手の心境はよく分かりませんが、プロがどうして??
 と思います。

 これから同伴競技者の目が鋭くなることは間違いないでしょう。

5.ゴルファーはマナー&ルールには忠実に・まとめ

 人を騙せたと思っても廻りは見ています、ただ、指摘するか?
 見過ごすか?だけですが貴方への信頼はここで崩れてしまいました。

 自身の品格を落とすことは絶対にしてはいけない事例ですが
 人生、何事も、いつもフェアな精神で楽しいプレーをしながら毎日を
 過ごしていきたいものです。

 ゴルフ場にデビューする前には必ず「簡単なゴルフルールブック」を
 購入し、じっくり読むことをお奨め致します。

 楽しいゴルフを行うにはルールは当然ですがマナーがとても
 重んじられます。

 そのためにも普段の生活のマナーを発揮しルール教本を熟読し
 同伴プレイヤーと楽しくラウンドが出来ればと願っております。

関連記事!

★スポンサーリンク★
★スポンサーリンク★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★スポンサーリンク★