ルールには忠実に行動をしないと貴方の品格が疑われます

★スポンサーリンク★

2017年、米女子ゴルフ(LPGA)第1戦目の3日目の出来事でした・・・



人間長く生きていますといろいろな場面に出くわします。
その時の自分の行動、どのようになさいますか??
当然ですが品格を持った人間として行動したいモノです。



品格を広辞苑で調べますと
【品格】(ひんかく)
1. 物のよしあしの程度。しながら。
2. 品位。気品。「―のある女性」
と書かれていました。

広辞苑の説明に書かれている、品位と気品を更に調べました。
【品位】(ひんい)
人に自然にそなわっている人格的価値。
【気品】(きひん)
どことなく感じられる上品さ。けだかい品位。「―のある物腰」
と書かれています。



この品格を疑われるぐらいならまだましもですが人格を疑われたらもう取り返しがつきません。
大事な友人を失ったり、商売が出来なくなってしまうこともあります。



話が長くなりましたが、それでは本日の記事です
米カリフォルニア州で今季メジャー初戦、「ANAインスピレーション」はミッションヒルズCC(パー72)で行なわれました。
最終ラウンド12番と13番のホール間のプレー途中で、トンプソン選手に4罰打が与えられました。

それは前日の第3ラウンド17番グリーン上でトンプソン選手が取った行動です。ボールをマークして拾い上げた後、元とは違う場所へ戻しプレーしたとして、①誤った位置からのプレーで2打、②過少申告で2打、計4罰打が科されたのです。

これは最終日になってテレビ視聴者からEメールによる指摘があり、米女子プロゴルフ協会(LPGA)が確認した後、最終ラウンドをプレー中であったトンプソン選手に12番と13番のホール間で伝えられました。

ちなみに、この大会は、ユソヨン選手(韓国)が14アンダーで並んだレクシー・トンプソン選手(米)とのプレーオフを制しての優勝でした。前日の4罰打が無ければ、優勝かも!!!なのです。

以上です。



ゴルフは自分が自分の審判員です。自分が打ったボールのプレスやリプレイスの位置は正しい方法で行わなければいけません。なぜ、トンプソン選手が元の位置に置かずこの様な動作をしたのか、トンプソン選手に何か魔が差したのでしょうか、よく分かりませんがプレイをする人は絶対してはいけない動作ではないでしょうか。

プライベートなゴルフコンペでは自分のスコアは自分でスコアカードに記入したり、同伴競技者の中の一人が同伴者のスコアを代表して付けることもあります、このスコアカードを提出し順位を決めているコンペが多く有ります(クラブ競技やプロの大会では同伴競技者がアテストを致しますが競技委員もいます)。

少ない数字や多い数字を申告しても同伴競技者は貴方のスコアを何となく数えているものです。

先程のトンプソン選手の心境は分かりませんが?プロがどうして??と思いますが、これから同伴競技者の目が鋭くなることは間違いないでしょう。

人を騙したと思っても廻りは見ています、何事もいつもフェアな精神を保ちたいモノですネ。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする