ホーム

★スポンサーリンク★

一流のゴルファーを目指して

あなたがゴルフを始められた動機は何だったのでしょう。

それぞれの思いや、ちょっとしたチャンスがあって始められたことでしょうか。

ゴルフを始めるには、守らなければいけないことが幾つもあるのです。



それは、ルールとマナーです、そしてあとはゴルフの練習です。

当然ゴルフをするんですからルールを知らなければコースには出られません。

また、マナーが重んじられるスポーツなのです。

ゴルフが上手になりたいなら練習もしなければなりません。

まずは誰か先輩なり友達、プロとそして本(ルールブック、雑誌)などから

学ばなければならないでしょうか。

コースに出るにはゴルフボールがクラブヘッドに当たらなくては

スタートすることはできません。



これから始まる『わたしのゴルフ』は練習場で、クラブハウス内での行動から

コース内でのマナーやゴルフについてのよもやま話を楽しく展開していきます。

専門用語でわからないときはGoogleやYahooで検索して確実に理解してください。

また私も下手な三流ゴルファー、間違いも思い違いもあるかもしれません。

その時は笑って読み飛ばしてください、それでは本番に入ります。



ゴルフは楽し★ 筆者の私について

私はプロゴルフファーでも、レッスンプロでもありません。

ただ、ゴルフに関したセクションに40年在籍していました。

ゴルフは年間150日(20年ほど)はプレイしていたでしょうか。

日本のゴルフ場へは150コースほどプレイをさせていただきました。

日本における名門コースをはじめ、バブル当時の接待コース、三流コース。

メンバーコース、パブリックコース。

きれいなコース、山岳コース、河川敷コースと。

どのコースも特徴が有り、とっても楽しくプレイをさせていただきました。



皆様もご経験有るかと存じますが、ゴルフを始めた頃は前夜、

なかなか眠れず2時間おきに目が覚めてしまいました。

もうすでに興奮しているのです。「スタートに遅れてはいけない!」、

「ティショットがうまくいくのだろうか!」、「いくつで回れるのだろうか!」

頭の中がクルクル回っているのです。

こんな思いからスタートしたゴルフ。

一週間13ラウンドの海外でのゴルフ。ゴルフは良き友も出来、幸せな人生ですね。

わたしのゴルフ歴50年、皆さまに少しでも参考になればと執筆させていただきました。

ゴルフは楽し!!『わたしのゴルフ』。



 お願いですがゴルフの練習は河川敷や公園、グラウンドでは止めましょう。

  この行為はマナー以前の問題です・・・ゴルフは紳士・淑女のスポーツです。

★スポンサーリンク★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする